2015年06月23日

Raspberry PI ってどうですか

 小さなコンピュータRaspberry PI 。ポケコンや電子工作に興味がある身としては黙って見ている訳にはいかないと思っている。安い割にそこそこの性能ということで発売当初から手に入れるかどうか考えていたら、日は過ぎ去りPI 2が出できたのでさらに悩ましくなった。

スポンサーリンク



 基本的にオールインワンで無いので、本体の他周辺機器が必要なので、熱しやすく冷めやすい僕としては飽きた時のダメージが大きいのではないかと、躊躇しているのだ。家ではiMacなのでHDMI接続できるモニタはリビングのテレビぐらいだし、キーボードもマウスも余りは無いし。でもRaspberry PI を買ったなら、小さなタッチパネル付きの液晶ディスプレイを付けてそれこそポケットコンピュータのようなのを作ってみたいと妄想は日々大きくなる一方である。どこかの国の人がNintendo DSみたいなのを作っていた記事をどこかで見た時にもちょっと感動した。
 ところでこのRaspberry PI は販売経路が決まっているようで、どこでも買える訳では無いようだ。最近はあきばおーの店頭で山積みになっているのを見たが、大阪で扱っている店は無いようなのだ。でんでんタウンにはあるのかもしれない。ヨドバシ梅田で関連図書は売っているので、本体も扱ってくれたらいいのに。amazonで送料無料もいいのだが、受け取りが面倒で出来れば店頭で買いたいのだ。
 ポータブルオールモードトランシーバFT-817の時もそうだったが、まず先に関連図書を買って気持ちを鎮めやっぱり買いたいという気持ちと資金に余裕があれば、本体を買うことにしたい。FT-817は息の長い商品で長く購入を検討していても本の内容は古くならないが、Raspberry PI は油断をしているとすぐに後継機が出るような気がするので本を無駄にしない程度に検討したいと思っている。

スポンサーリンク

posted by crayon_shinta at 22:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。